ナイトブラの使い方

【40代女子】育乳はあきらめるべき?一発逆転ナイトブラの効果的な使い方

更新日:

「40代になってしぼんできたバスト、今さらサイズアップを目指すなんて無理かな...?」

年齢に関係なく、ふっくらと大きなバストを手に入れたいと思うのは自然なことです。

40代からの育乳を成功させるため、ナイトブラを使って「バスト」を一発逆転する効果的な使い方をご紹介します。

 

ナイトブラはサイドとアンダーの着圧が高いものを選ぶ

40代のバストサイズの悩みはちょっと複雑です。

単純に「胸が小さい」というだけでなく、バストがしぼんで垂れてしまっていることで、本来のサイズよりも小さく見えてしまっているという場合がほとんどだからです。

サイズが小さい×しぼみ×垂れ=さらにバストが小さく見える

という状態になっているんですね。

まずはこの状態を解消するために、ナイトブラの選び方から気を付けないといけません。

選ぶポイントは、サイド(脇の部分)とアンダー部分の着圧が高いものを選ぶということ。

サイドの着圧は、そのままバストへの脇肉集約力につながります。脇からのお肉をバストにしっかり集められれば、その状態で固定することでバストにボリュームを与えることができます。

また、アンダーの着圧も重要。バストが下に垂れないように持ち上げるような形になって、きれいなおわん型のバストにまとめることができるからです。

 

40代のバストアップに効果的なナイトブラの使い方

40代女子の場合、バストの上部、デコルテ部分が特に貧弱になっているという人が多いのではないでしょうか?

ここがふっくらしていないと、バストがより一層小さく見えるだけでなく、バストトップが下がって垂れ乳が強調されてしまうんですよね。

なので、まずナイトブラをつけたら、バスト上部のデコルテ部分がふっくらするようにバストの周囲からお肉を寄せ集めるようにしてください。

もし脇の下にお肉がたっぷりついているなら、バストアップへ一発逆転のチャンスです。しっかりと脇のお肉をバストに集めましょう。

ナイトブラは「とりあえずつけて終わり」ではもったいないです。脇のお肉をバストに寄せ集めるというひと手間を加えることで、40代でもバストアップできる可能性がぐんと高まります。

 

育乳にマイナスの影響も!?40代でナイトブラを使うときに注意すべきポイント

せっかくバストアップしたいと思ってナイトブラを使っても、使い方・選び方次第で育乳にマイナスの影響を与えてしまいます。

絶対に注意したいポイントは、

締め付けがきつすぎるナイトブラは使わない

洗濯をして生地がくたびれてきたら新しいものに変える

この2点です。

締め付けがきつすぎるナイトブラは使わない

きつすぎるナイトブラは、バスト周りの血行を悪くしたり、リンパの流れを妨害してしまう恐れがあります。

それによって、バストに必要な栄養がいきわたらなくなってしまい、バストアップを促進するどころか妨げることになってしまいます。

また、血行が悪くなることで40代女性の天敵「冷え」を引き起こす可能性が高くなります。冷え自体、バストにはマイナスの影響を与えることになりますので、締め付けがきつすぎるナイトブラは使わないようにしてください。

生地が伸びたナイトブラは使わない

また、買ったときはサイズがピッタリでも、何度も洗濯を繰り返すうちに生地が伸びてしまうということもあります。

これはナイトブラに限らず、すべての下着・洋服は洗濯によって多かれ少なかれダメージを受けて少しずつ劣化していくことは避けられません。

ただ、そのような「生地が伸びた」状態でナイトブラをつけるのは絶対にやめましょう。

ナイトブラの役割は、寝ている間にバストのお肉が流れないようにすること&脇などのお肉をバストに集めること。伸びてフィット感がなくなったナイトブラでは、この大事な役割をまっとうすることができません。つまり、つけてもつけなくても同じということになってしまうんです。

ナイトブラは、できれば3着くらいを順に使うようにするといいでしょう。洗濯の頻度が低くなれば、それだけ長持ちします。

そして、生地が疲れてきたなーと感じたら、新しいナイトブラに買い換えてください。しっかりフィットするナイトブラでバストを守ってあげることが大事です。

ナイトブラで効果を出したい?おすすめのナイトブラはこちら

40代でもナイトブラは効果ある?今から間に合う実力ブラを徹底調査

-ナイトブラの使い方

Copyright© 40代でもナイトブラは効果ある?今から間に合う実力ブラを徹底調査 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.